タイ・バンコクの穴場的絶景ルーフトップバー『ATTITUDE』

タイ・バンコクの穴場的、絶景ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』

シェアする

スポンサーリンク

バンコクのルーフトップバーアティチュード

バンコク屈指の人気ホテル『アナンタラ・バンコク・リバーサイド』の姉妹ホテルとして、隣接地に2016年に開業したスタイリッシュなホテル『アヴァニ・リバーサイド・バンコク』の最上階ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』。

タイ・バンコクのルーフトップバーの中には、まだまだメジャーではないけど、レベルの高い穴場的なお店がいくつもある。その中で今回特にオススメするのが、チャオプラヤー川の絶景を望めるこのルーフトップバー。

メジャーなルーフトップバーは、確かにクオリティが高いかもしれないけど、その分、値段がかなり高かったり、混雑して落ち着けないお店が多かったりする。

その点、この『ATTITUDE(アティチュード)』は、値段が他のルーフトップバーと比べてリーズナブルだし、まだそこまで混雑するような感じではないから、人気に火が付く前に「行くなら今のうちに」といった穴場的な存在だろう。



場所:チャオプラヤー川の絶景を望む高層ホテル最上階

ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』は、2016年に開業したホテル『アヴァニ・リバーサイド・バンコク』の最上階にある。

行き方として、隣接のホテル『アナンタラ・バンコク・リバーサイド』とBTSサパーンタクシン駅間で、共用の無料シャトルボートが出ているから、これを使うと、チャオプラヤー川の景色を楽しみながら、向かう事ができる。

もしくは、最寄り駅から歩けるような距離ではないので、タクシーを使おう。ただし、時間帯を誤ると、都心から帰宅する車の大渋滞にハマってしまうので要注意。

バンコクの大渋滞、あなどるべからず!!



店内:スタイリッシュなインテリア

バンコクのルーフトップバーアティチュード店内

バンコクのルーフトップバーアティチュード店内2

バンコクのルーフトップバーアティチュード店内3

バンコクのルーフトップバーアティチュード店内4

エレベーターで最上階に着くと、すぐにレセプションがあり、席へと案内してくれる。

まず目に飛び込んでくるのが、チャオプラヤー側の美しい夜景と、スタイリッシュなインテリアの店内。

スワイ、ナーーー(きれいだぁぁぁ)

くぅぅぅ、テンション上がります!!

店内は大きく二つに分かれていて、バーカウンターとテーブル席のエリアと、ソファー席エリアがある。

どのエリアからでもチャオプラヤー川の景色を楽しむ事が出来るが、人気なのは、大きなベッドようなソファーがあるエリアと、川側に面したテーブル席。せっかく行くなら良い席を予約しておくのがベストだろう。

しっかりと食事をするのであれば、はじめにテーブル席で食事を済ませ、その後に空いていたらソファー席に移れば両方楽しめる。ドリンクメインなら、始めからソファー席が良いのかも。

ただし、ソファー席は基本二人用で、カップルばかりだから、目的によって席を使い分けるべし!!

カップルで行くのであれば、ソファ席で最高にロマンチックな夜を過ごせるはず。

景色:チャオプラヤー川の絶景を望む

バンコクのルーフトップバーアティチュード夜景

バンコクのルーフトップバーアティチュード屋外プール

バンコクのルーフトップバーアティチュード夜景2

特に説明するまでもないでしょ。とにかく綺麗。お酒が進んでしまう笑。

料理:パスタ・ピザなどのスナックメニューが中心

パスタ・ピザ・フレンチフライなどのスナックメニューが中心になっている。料理は特にこれと言って特別なものはないけど、オススメは、マッシュルームグリル。

でも、結局このお店の最高のおつまみは夜景といったところだろう。

バンコクのルーフトップバーアティチュード料理

バンコクのルーフトップバーアティチュード料理2

まとめ

バンコクのルーフトップバーにいろいろ行ったけど、正直、最近行った中ではナンバー1だと思います。

それは、景色・値段・雰囲気など、バランスが最も優れていると感じるから。

冒頭にも言ったけど、バンコクのメジャーなルーフトップバーは、たしかにどこも素晴らしい。が、しかし、基本的には値段がかなり高く(例えばカクテル一杯で3000円位のお店もあったりする、タイで考えると相当高い)、多くの観光客で大混雑だったりする。

それを考えると、この『ATTITUDE(アティチュード)』は、景色はもちろんの事、値段もリーズナブルだし、新しく出来たお店だけに綺麗、インテリアもスタイリッシュで雰囲気も良く、スタッフの対応も非常に良い(女性スタッフはスリットが大きく入ったドレスがユニフォームで、やたらセクシー)。

強いて難点を言えば、バンコクのセントラルエリア(サイアム・アソーク等)から少し離れていて、最寄り駅からも遠いから、交通の便が悪いといったところかな。

いずれにせよ、個人的には、バランス・総合力でナンバー1の穴場的ルーフトップバー。

「行くなら今のうちに」

お店詳細

店名:ATTITUDE(アティチュード)
サイト:http://www.minorhotels.com/en/avani/riverside-bangkok/restaurants/attitude-restaurant
住所:257/1-3 Charoennakorn Road, Thonburi | AVANI Riverside Bangkok Hotel, Bangkok 10600, Thailand
電話番号:+66 2 431 9100
営業時間:17時30分〜翌1時
トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d10326104-Reviews-Attitude-Bangkok.html

その他オススメのルーフトップバー

①アソーク駅とプロンポン駅の間にあるクラフトビールがオススメのルーフトップバー『BREWSKI』

タイ・バンコクのBTSアソーク駅から徒歩7分、BTSポロンポン駅から徒歩9分のスクンビット通り沿いにある、地上30階ルーフトップバー『BREWSKI』。カジュアルな雰囲気で、気軽に、そして手軽にクラフトビールを楽めるルーフトップバー。

②ホテルバンヤンツリーの超有名ルーフトップバー『Vertigo & Moon Bar』

『Vertigo & Moon Bar』は地上61階にあり、建物自体がかなり長細い形をしてるせいか、お店自体が空中に浮いた船の上にいるような感じでとても幻想的。値段も雰囲気もルーフトップバーの中でもハイクラスなお店なので、バンコクに滞在中、「今日はリッチに素敵な夜を過ごそうか」と思った時には、オススメできるルーフトップバーです。

③世界的に有名な、バンコクを代表するルーフトップバー『Sirocco Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』

世界的に有名で、観光名所にもなっている、バンコクのルーフトップバーの中でも、最も有名で、代表格と言えるのが今回ご紹介する『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』です。地上63階、世界一高い場所にある屋外レストラン『Sirocco(シロッコ)』の一角にある『Sky Bar(スカイバー)』から眺める夜景は、素晴らしいの一言、まさに絶景です。

④BTSアソーク駅から徒歩6分、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる、駅近ルーフトップバー『Long Table』

このルーフトップバー『Long Table』の良い所は、最寄駅から徒歩6分位で利便性が良い事と、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる事だと思います。その店名の通り、店内には20mを超える大きなテーブルがあり、その周りに白と赤を基調とした、おしゃれなソファ席がある。屋外にはプールと、それを囲むようにお酒を楽しめる。

⑤サイアムエリアにある、バンコクの定番ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』

サイアムエリアのショッピングモール『セントラルワールド』に直結するホテル「センタラグランド・アット・セントラルワールド」最上階にあるのが、ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』。今や、バンコク・ルーフトップバーの定番になっている『Red Sky(レッドスカイ)』の特徴は、地上55階から眺める美しい夜景と豊富な席数、そして立地の良さだろう。

⑥リーズナブル・駅近・絶景 、3拍子揃ったオススメのルーフトップバー『Octave(オクターブ)』

高級ホテル「Marriott Bangkok Hotel Sukhumvit」の最上階49階にあるルーフトップバー『Octave』は、値段がリーズナブルで、BTSトンロー駅から徒歩2分という好立地にあるルーフトップバー。また、料理は、種類が充実していて味も美味しい。値段・立地・味・景色など、全てにおいて高く評価できる、オススメのルーフトップバーです。

⑦コストパフォーマンス最高!!料理の味はルーフトップバーの中でトップレベル『Zoom(ズーム)』

『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』はバンコク・サトーンエリアにあり、BTSチョンノンシー駅から徒歩12分の場所にある。ホテル「Anantara Sathorn(アナンタラサトーン)」最上階にあるこのお店は、コストパフォーマンスが最高。360度パノラマビューの美しい夜景を見ながら、食事とお酒を手軽に楽しめるルーフトップバーです。

⑧雰囲気抜群なのに混雑しない、バンコクの穴場ルーフトップバー『Three Sixty(スリーシックスティ)』

バンコクの高級ホテル「ミレニアムヒルトンバンコク」の31階最上階にあるルーフトップバー『Three Sixty』は、その名の通り、景色を360度見渡せる円型ラウンジが特徴のルーフトップバーで、室内の円型ラウンジと屋外テラスに分かれたスタイルになっている。他のルーフトップバーと比べるとまだまだ知名度が低く、それほど混雑しないから、かなりの穴場スポットです。