タイに移住しちゃいました | 〜40代目前にタイに移住。在住者ならではのタイ情報を発信します〜

ハイウェイでバンコク〜パタヤ移動中に巨大『Service Area Center』で一休みしよう

タイの首都であるバンコクからビーチリゾートのパタヤまでは、車で約2時間半の距離で、ハイウェイ7号線(Bangkok~Chonburi Hwy&Chonburi-Pattaya Hwy)を使うのが一般的な行き方ですが、その道のりで唯一、飲食店や小売店など、充実した施設があるのが今回ご紹介する『Service Area Center』です。無理せずに、しっかりと休憩しながら移動するようにしましょう。

パタヤ・ビーチロード沿いの超有名イタリアンレストラン『Toscana(トスカーナ)』

パタヤのビーチロード沿いにある『Toscana(トスカーナ)』は、ロケーションが良く、値段もまずまず、料理も安定した美味しさで、スタッフの対応もとても良い、みんなが安心して行けるレストランです。特に、パタヤに来たのが初めてという人で、「どこに行けば良いのかわからないから、分かりやすく気軽に行けるお店が良い」という人にはピッタリだと思います。

斬新な創作タイ料理は一度は食べる価値あり|バンコク・トンローの『Canvas』

アメリカ・テキサス州出身のシェフが作る料理は、タイの香辛料や食材がふんだんに使われていますが、タイ料理というジャンルを超えた、個性的で斬新な創作料理です。『Canvas』は、なかなか体験出来ない、素敵な料理を味わう事が出来ますよ。一度は食べる価値がある、素晴らしいレストランです。

人気店の味を一度に味わえる|バンコク・トンロー『The Commons』のフードコート

バンコク・トンローに2016年2月に完成した、話題のコミュニティモール『The Commons』のフードフロアには、タイ中の人気店の料理をフードコートスタイルで味わう事が出来る。料理だけでなく、クラフトビールやワインなどのアルコール類も充実しているため、大人から子供まで十分に楽しめる、オススメのスポットです。

バンコク・チャオプラヤ川沿いのレストランはココがオススメ『The Never Ending Summer』

『The Never Ending Summer』は、特に初めてタイ旅行に来た人にはぜひ行って欲しいお店の一つです。お洒落な店内で、チャオプラヤ川を眺めながら、美味しいイサーン料理を楽しむ事ができる、とても魅力的なお店です。周辺には、有名なルーフトップバーがいくつもあるので、食事をする前後に、ルーフトップバーに行ってみるのもオススメです。

タイ・カオヤイで大人気のカフェ&レストラン『The Chocolate Factory』

カオヤイで大人気の『The Chocolate Factory』は、店名の通り、店内で作る色々な種類のチョコレートを食べられ、またチョコレートを使ったデザートメニューも豊富。それに、タイ料理や西洋料理など、食事も揃っている。吹き抜けで開放感ある店内に屋外テラスなど、お店全体の雰囲気が良く、食事やデザートも美味しい。

雰囲気抜群だけど混雑しない、バンコクの穴場ルーフトップバー『Three Sixty』

バンコクの高級ホテル「ミレニアムヒルトンバンコク」の31階最上階にあるルーフトップバー『Three Sixty』は、その名の通り、景色を360度見渡せる円型ラウンジが特徴のルーフトップバーで、室内の円型ラウンジと屋外テラスに分かれたスタイルになっている。他のルーフトップバーと比べるとまだまだ知名度が低く、それほど混雑しないから、かなりの穴場スポットです。

エキゾチックな雰囲気を満喫|バンコクの一軒家タイレストラン『Once Upon A Time』

タイレストラン『Once Upon A Time』は、バンコク中心街にありながら、一軒家に広い庭が設けられていて、その庭にはたくさんの樹木、そして、池やタイ伝統の高床式バンガローなどがあり、まるで南国の森の中に来たのかと思ってしまう、そんなエキゾチックな雰囲気の中でタイ料理が食べられるレストランです。

バンコク・サイアムエリアの定番ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』

サイアムエリアのショッピングモール『セントラルワールド』に直結するホテル「センタラグランド・アット・セントラルワールド」最上階にあるのが、ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』。今や、バンコク・ルーフトップバーの定番になっている『Red Sky(レッドスカイ)』の特徴は、地上55階から眺める美しい夜景と豊富な席数、そして立地の良さだろう。