バンコク・チャオプラヤ川沿いのレストランはココがオススメ『The Never Ending Summer』

バンコク・チャオプラヤ川沿いのレストランはココがオススメ『The Never Ending Summer』

シェアする

スポンサーリンク

never-ending-summerロゴ

never-ending-summerレストラン

バンコクを流れるチャオプラヤ川は、タイを代表する河川の一つで、バンコクの重要な交通・輸送手段になっていて、さらに、川沿いは高級ホテルやレストランなどが集まる商業エリアにもなっている。

また、最近では、『アジアティーク』を代表とした、以前に使っていた古い倉庫を改装して利用する商業施設なども出来てきて、面白い観光スポットが増えてきています。

今回ご紹介するオススメのレストラン『The Never Ending Summer』も、同じように古い倉庫を改装して出来た商業施設『The Jam Factory』の一角にある。

『The Never Ending Summer』をオススメする理由は、美しいチャオプラヤ川の景色を眺めながら、お洒落な店内で美味しいタイ料理を食べる事が出来るから。

チャオプラヤ川沿いにはたくさんのタイレストランがあるけど、『The Never Ending Summer』のように、景色・雰囲気・味・値段、全てに満足の行くお店はあまりないと思いますよ。

チャオプラヤ川沿いのレストランに行くならココ『The Never Ending Summer』がオススメです!!



場所:お洒落スポット『The Jam Factory』の中

jamfactory

jamfactoryカフェ

jamfactory雑貨店

『The Never Ending Summer』は、お洒落スポットとして有名な『The Jam Factory』の中にある。

『The Jam Factory』は、タイの有名デザイナーDuangrit Bunnag氏が設計・改装した、アート・サブカルチャーの発信を目的としたお洒落な施設で、本屋・雑貨店と併設しているカフェ『Candide Books&Cafe』も、とても人気がある。

行き方は、BTSクルントンブリ駅からタクシーで向かいましょう。駅から約10分で着きます。

ただし、非常に解りづらい場所にあるから、Google Mapでタクシーの運転手をしっかりナビしてあげましょう。本当に解りづらいです。本当にここか!?とビックリする場所にあります。

この道順を参考にしてください↓。

道順



店内:外観は倉庫そのもの、でも中は・・・

never-ending-summerロゴ

never-ending-summer外観

never-ending-summer外観2

『The Never Ending Summer』の外観は、古い倉庫そのもので、廃墟のようです笑。

でも、少しずつエントランスに近付くにつれ、雰囲気の良さそうな店内が見えてくる。

さあ、入ってみましょう。

never-ending-summer店内

never-ending-summer店内2

never-ending-summer店内3

店内は、外観からは想像も出来ない程、お洒落な雰囲気で開放感があり、以前の倉庫のレトロな部分を残しつつ、モダンな造りにリノベーションされている。

ちなみに、レストランは、このレトロな外観の建物とは別に、チャオプラヤ川寄りにもう一つ建物があるんだけど、そちらの方は、全面ガラス張りになっていて、雰囲気が全く違う。

never-ending-summer店内6

never-ending-summer店内4

never-ending-summer店内5

さらに、屋外には広いテラス席が用意されていて、チャオプラヤ川の夜景を見ながら食事を楽しむ事ができる。

never-ending-summer夜景

never-ending-summer夜景2

食事:モダンなイサーン料理

never-ending-summeメニュー never-ending-summeメニュー2 never-ending-summeメニュー3 never-ending-summeメニュー4 never-ending-summeメニュー5 never-ending-summeメニュー5 never-ending-summeメニュー6 never-ending-summeメニュー7

食事の内容は、タイ料理。

タイ料理の中でも、タイ北東エリアのイサーン地方の料理がベースとなっている。

イサーン料理といえば、ソムタム(パパイヤサラダ)・ムーナムトック(豚肉とハーブのスパイシーサラダ)・ラープ(挽肉と香草の和え物)など、かなり辛味が強くて刺激的な料理なんだけど、食べやすいようにマイルドな仕上がりになっているから、皆さん、安心して食べる事が出来ると思います。

never-ending-summer料理

never-ending-summer料理2

never-ending-summer料理3

never-ending-summer料理4

どの料理も香り豊かで、とても美味しい。

外国人向けに食べやすくマイルドな味付けにはなっているものの、物足りなさを感じる事も無く、本場のイサーン料理を楽しむ事が出来るから、かなり満足感が得られると思いますよ。

特にオススメなのは、テイスティングメニューとなっている『Thai Tapas』。

大皿の上には、色々な料理が並んでいて、一度に沢山の種類の料理を味わう事ができる。ボリュームが結構あるから、二人で食事をするなら、この『Thai Tapas』と、もう一皿くらい別の料理を注文すれば十分だと思います。

まとめ

初めてタイ旅行に来た時、皆さん悩むのが、「どこで食事をすればタイ料理を満喫できるだろうか?」ではないでしょうか。

高級タイ料理店や屋台、タイ伝統舞踊を見ながら食事ができるお店など、選択肢は色々ありますが、個人的に、今回ご紹介したレストラン『The Never Ending Summer』は、特に初めてタイ旅行に来た人にはぜひ行って欲しいお店の一つです。

タイ料理初心者にも受け入れられる美味しい料理、お洒落で清潔感ある店内、チャオプラヤ川の美しい夜景、全てを満足の行くレベルで楽しむ事が出来るから、このお店を選択肢から外す理由はないと思います。

それに、お店の周辺には、バンコクの名所にもなっている有名なルーフトップバーがいくつもあるので、『The Never Ending Summer』で食事をする前後に、ルーフトップバーに行けば、さらに満足の行く1日になりますよ。楽しんで!!

※近くのオススメルーフトップバーをご紹介します↓。

バンコクの高級ホテル「ミレニアムヒルトンバンコク」の31階最上階にあるルーフトップバー『Three Sixty』は、その名の通り、景色を360度見渡せる円型ラウンジが特徴のルーフトップバーで、室内の円型ラウンジと屋外テラスに分かれたスタイルになっている。他のルーフトップバーと比べるとまだまだ知名度が低く、それほど混雑しないから、かなりの穴場スポットです。
世界的に有名で、観光名所にもなっている、バンコクのルーフトップバーの中でも、最も有名で、代表格と言えるのが今回ご紹介する『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』です。地上63階、世界一高い場所にある屋外レストラン『Sirocco(シロッコ)』の一角にある『Sky Bar(スカイバー)』から眺める夜景は、素晴らしいの一言、まさに絶景です。

お店詳細

店名:The Never Ending Summer
サイト:https://www.facebook.com/TheNeverEndingSummer/
住所:41/5 Charoen Nakhon Rd | The Jam FactoryBangkok 10600, Thailand
電話番号:+66 2 861 0953
営業時間:月〜日11:00〜15:00、17:00〜23:00
トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d6017910-Reviews-The_Never_Ending_Summer_Restaurant-Bangkok.html

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク