バンコクの最上級ルーフトップバー『シロッコ・スカイバー』

バンコクの最上級ルーフトップバー『シロッコ・スカイバー』

シェアする

スポンサーリンク

シロッコ・ドーム

世界的に有名で、観光名所にもなっているバンコクのルーフトップバー。

そのバンコクのルーフトップバーの中でも、最も有名で、代表格と言えるのが今回ご紹介する『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』です。

もともと人気のルーフトップバーだったけど、映画『ハングオーバー2』のロケ地にもなった事で、さらに世界に知られるようになり、今や不動の地位を確立している。

この『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』の最大の売りは、バンコク市街とチャオプラヤ川を一望できる夜景。

地上63階、世界一高い場所にある屋外レストラン『Sirocco(シロッコ)』の一角にある『Sky Bar(スカイバー)』から眺める夜景は、素晴らしいの一言、まさに絶景です。

ホスピタリティや品格の高さも含め、『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』はバンコク・ルーフトップバーの最上級クラスと言えるでしょう。

バンコクのルーフトップバーに行くのであれば、絶対に外してはいけないお店です。



場所:BTSサパーンタクシン駅から徒歩5分

ルブアアットステートタワー

ルブア・アット・ステート・タワー2

『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』は、チャオプラヤ川近くの5つ星ホテル『ルブア・アット・ステート・タワー』の最上階にある。

行き方は、BTSサパーンタクシン駅から徒歩5分の距離。

ただし、後でも紹介するけど、『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』はドレスコードがとても厳しいため、行く時はドレスアップをしていくはず。

そうなると、なかなか電車に乗るという訳にもいかないだろうから、滞在場所からタクシーを利用して行くのが無難かと思います。

注意する事は、この周辺は車の渋滞が酷く、平日帰宅ラッシュの時間帯17時〜19時は死亡レベルの渋滞です。

なので、この時間帯にお店に行くのであれば、かなり早めにタクシーで出発するか、電車を使う事も考えた方が良いでしょう。

ホテルに着いたら、レセプションを抜けてエレベーターホールへ。

エレベーターホールに着くと、スタッフから『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』に行くのかと聞かれるので、「Yes、もしくはChai(タイ語でYes)」と答えよう。

そうすると、『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』行きのエレベーターに案内してくれるが、同時にここでドレスチェックも行われる。



ドレスチェック:かなり厳しいから要注意!!

『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』のドレスチェックは、他のルーフトップバーと比べると、かなり厳しい。

ドレスチェックで、何人もの人が入店を断られているのを目の当たりにしているので、服装には気を付けて欲しい。

まずは男性。タンクトップ・サンダル類・ショートパンツは完全にアウト。襟付きのシャツ・ジーンズ以外のロングパンツ・カジュアルなスニーカー以外の靴を身につけて行くのがベスト。

女性は、男性と比べると比較的チェックが緩いけど、カジュアルなサンダルを履いて行くのはやめておこう。ワンピースはノースリーブでも大丈夫。大体の女性のお客さんは、かなりドレスアップをして来ているから、少しオシャレすぎるのでは??位がちょうど良いと思いますよ。

いずれにせよ、『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』は、バンコクのルーフトップバーの中でも特に高級なお店になるので、仮にドレスチェックを通過したとしても、カジュアルすぎる服装だとその場から浮いてしまいます。

せっかくこのお店に行くのであれば、おもいきりオシャレをして行きましょう。

夜景:最高の夜景を楽しみましょう

エレベーターで64階まで上がると、レセプションがあって、食事とスカイバーのどちらに行くのか聞かれる。

屋内レストランもあるため、その確認をここでされるから、スカイバーに行くと伝えよう。

スタッフが屋外に案内してくれます。この辺りからテンションが徐々に上がってきますよ。

シロッコ・エレベーターホール

シロッコ・レセプション

屋外に出ると、目の前には素晴らしい夜景が飛び込んでくる。

スワイ・マ〜〜〜ック(きれいだ〜〜〜〜)!!

これまでいろいろなルーフトップバーに行ってるけど、この夜景は別格だと思います。

シロッコ・夜景

シロッコ・夜景2

そして、振り返ると、この建物の象徴とも言えるドームを眺める事が出来る。これがまた美しい。

シロッコ・ドーム

バーに向かう前に、まずはこの美しい夜景を十分に楽しもう。

スタッフに声をかければ、写真をたくさん撮ってくれますよ。撮影慣れしているのか、綺麗に撮れる立ち位置を細かく教えてくれる。

十分に写真を撮り終えたら、階段を下りてスカイバーに向かおう。ここでも、スタッフが食事かバーに行くのか確認してくるから、スカイバーに行くと伝えよう。

目の前にある噴水を抜けて右に進んで行くと、今回のお目当てのスカイバーに到着。

シロッコ・噴水

シロッコ・スカイバー

先に言っておきますが、とにかく混んでますよ。しかもオールスタンディングなので、夜景の見える良いポジションを取るのは、結構大変かも。

バーに着くと、スタッフがドリンクメニューを持って来てくれる。いろいろ種類があるけど、オススメはオリジナルカクテル。好みをスタッフに聞けば丁寧に説明してくれるから、お酒の弱い人でも安心して注文出来ます。

店内:デザートだけでも席で楽しめる

スカイバーはオールスタンディングだから、「食事はしないけどゆっくりお酒とデザートでも楽しみたいなぁ」と思うなら、スタッフに伝えれば、席に案内してくれる。ただし、予約で席が一杯の場合があるから、その時は諦めよう。

シロッコ・テーブル席

シロッコ・テーブル席2

スカイバーも良いけど、このレストラン・シロッコのテーブル席の雰囲気が、また格別ですよ。

ドーム横では、ジャズの生演奏が行われ、雰囲気を一層特別なものにしてくれる。

初めて来店される人であれば、デザートだけでも席で楽しむと良いと思います。

食事:オシャレな地中海料理、でも・・・

レストラン・シロッコで食事をする事を検討している人に、食事内容を紹介します。

アラカルトもあるし、コースもあるけど、個人的にはアラカルトをオススメします。

理由は、私も一度コースを注文した事があるけど、値段の割に、満足のいく内容ではありませんでした。アラカルトの方が、量も多いし、好きなものを注文出来るから、断然アラカルトをオススメします。

ちなみに、私が行った時のコースはこんな感じ↓。

シロッコ・コースメニュー

シロッコ・フード

シロッコ・フード2

シロッコ・フード3

まとめ

バンコクにあるルーフトップバーの中でも、これだけ高級感ある雰囲気のお店は無いと思います。

実際、値段もかなり高いですからね。

例えば、カクテル1杯を飲んだとして、サービス料込みで大体1000B(約3000円)はするし、もし食事をするのであれば、ワインボトルを1本入れたとして、一人10000B〜15000B(約3万〜4万5千円)はします。

しかも、食事においては、値段と内容が全く合っていないと思います。高すぎです。バンコクには、値段がもっとリーズナブルで美味しいレストランがいくつもありますよ。

なので、私がオススメする『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』の使い方は、2つ。

1つめは、夕日と夜景の両方を楽しめる18時(バーは18時オープン)にスカイバーに行き、1杯程お酒を飲んだ後、他のレストランでディナーを楽しむ。

『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』があるシーロムエリアやサトーンエリアには、有名なレストランがいくつもあるので、30分以内でレストランに移動可能です。

2つめは、他のレストランで食事をした後に、2軒目として『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』に行き、バーでお酒を楽しんでも良いし、テーブル席でデザートを食べても良いと思います。

こういう使い方であれば、たしかに値段は高いけど、必要最低限のお金で十分に『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』を楽しめるはず。

バンコクにあるルーフトップバーに行くなら、外す事ができない、素晴らしいお店です。

ぜひ一度行ってみてね。

お店詳細

店名:Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)
サイト:http://www.lebua.com/sirocco
住所:1055/42 Silom Road,Silom,Bangrak | State Tower 63rd Floor, The Dome at Lebua, Bangkok 10500, Thailand
電話番号:+66 2 624 9555
営業時間:月〜日18:00〜翌1:00
トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d814516-Reviews-Sirocco_Restaurant-Bangkok.html

その他オススメのルーフトップバー紹介

①チャオプラヤ川沿いの超穴場な絶景ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』

バンコク屈指の人気ホテル『アナンタラ・バンコク・リバーサイド』の姉妹ホテルとして、2016年に開業したスタイリッシュなホテル『アヴァニ・リバーサイド・バンコク』の最上階ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』。

②アソーク駅とプロンポン駅の間にあるクラフトビールがオススメのルーフトップバー『BREWSKI』

タイ・バンコクのBTSアソーク駅から徒歩7分、BTSポロンポン駅から徒歩9分のスクンビット通り沿いにある、地上30階ルーフトップバー『BREWSKI』。カジュアルな雰囲気で、気軽に、そして手軽にクラフトビールを楽めるルーフトップバー。

③シロッコ・スカイバーと並び、バンコクを代表するルーフトップバー、ホテル・バンヤンツリーバンコクの『Vertigo & Moon Bar』

『Vertigo & Moon Bar』は地上61階にあり、建物自体がかなり長細い形をしてるせいか、お店自体が空中に浮いた船の上にいるような感じでとても幻想的。値段も雰囲気もルーフトップバーの中でもハイクラスなお店なので、バンコクに滞在中、「今日はリッチに素敵な夜を過ごそうか」と思った時には、オススメできるルーフトップバーです。

④BTSアソーク駅から徒歩6分、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる駅近ルーフトップバー『Long Table』

このルーフトップバー『Long Table』の良い所は、最寄駅から徒歩6分位で利便性が良い事と、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる事だと思います。その店名の通り、店内には20mを超える大きなテーブルがあり、その周りに白と赤を基調とした、おしゃれなソファ席がある。屋外にはプールと、それを囲むようにお酒を楽しめる。

⑤サイアムエリアにある、バンコクの定番ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』

サイアムエリアのショッピングモール『セントラルワールド』に直結するホテル「センタラグランド・アット・セントラルワールド」最上階にあるのが、ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』。今や、バンコク・ルーフトップバーの定番になっている『Red Sky(レッドスカイ)』の特徴は、地上55階から眺める美しい夜景と豊富な席数、そして立地の良さだろう。

⑥リーズナブル・駅近・絶景 、3拍子揃ったオススメのルーフトップバー『Octave(オクターブ)』

高級ホテル「Marriott Bangkok Hotel Sukhumvit」の最上階49階にあるルーフトップバー『Octave』は、値段がリーズナブルで、BTSトンロー駅から徒歩2分という好立地にあるルーフトップバー。また、料理は、種類が充実していて味も美味しい。値段・立地・味・景色など、全てにおいて高く評価できる、オススメのルーフトップバーです。

⑦コストパフォーマンス最高!!料理の味はルーフトップバーの中でトップレベル『Zoom(ズーム)』

『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』はバンコク・サトーンエリアにあり、BTSチョンノンシー駅から徒歩12分の場所にある。ホテル「Anantara Sathorn(アナンタラサトーン)」最上階にあるこのお店は、コストパフォーマンスが最高。360度パノラマビューの美しい夜景を見ながら、食事とお酒を手軽に楽しめるルーフトップバーです。

⑧雰囲気抜群なのに混雑しない、バンコクの穴場ルーフトップバー『Three Sixty(スリーシックスティ)』

バンコクの高級ホテル「ミレニアムヒルトンバンコク」の31階最上階にあるルーフトップバー『Three Sixty』は、その名の通り、景色を360度見渡せる円型ラウンジが特徴のルーフトップバーで、室内の円型ラウンジと屋外テラスに分かれたスタイルになっている。他のルーフトップバーと比べるとまだまだ知名度が低く、それほど混雑しないから、かなりの穴場スポットです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク