バンコクの絶対行くべき最上級ビュッフェ|サイアムケンピンスキーホテルバンコク

バンコクの絶対行くべき最上級ビュッフェ|サイアムケンピンスキーホテルバンコク

シェアする

スポンサーリンク

サイアムケンピンスキーランチビュッフェ

バンコクの数あるホテルビュッフェの中で、今回ご紹介するのは、バンコク中心街サイアムエリアにある5つ星ホテル『サイアムケンピンスキーホテルバンコク』。

なかなか日本では聞き慣れない名前かもしれないけど、『ケンピンスキーホテル』は100年以上の歴史を持つドイツの高級ホテルチェーンです。

その『サイアムケンピンスキーホテルバンコク』で毎週日曜日12時30分〜16時で開催されるサンデービュッフェ『ロゼ・ブランチ』が、とにかく素晴らしい。

バンコク中心街にあるとは思えない緑溢れる中庭を眺めながら、ビュッフェとは到底思えないハイレベルな料理を、素敵な空間で食す事が出来る。

しかも、お酒を飲む人には堪らないのが、このビュッフェではシャンパン世界選手権で世界チャンピオンに輝いた『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』が飲み放題なのです!!

さらに、あとで紹介するけど、あるアイテムを身に付けていくと、『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』のロゼも飲み放題になるという素敵な特典付き。

バンコクに訪れた際、

「週末にちょっと贅沢なブランチをしたい」
「美味しいビュッフェが食べたい」

と思ったら、絶対行くべき場所です。



場所:『Siam Paragon(サイアムパラゴン)』直結

パラゴン

『サイアムケンピンスキーホテルバンコク』は、バンコク中心街サイアムエリアにあり、最寄り駅はBTSサイアム駅になる。

行き方は、ホテルがBTSサイアム駅目の前の高級ショッピングセンター『Siam Paragon(サイアムパラゴン)』と直結しているから、ここを抜けて行くのが簡単です。

まず、『Siam Paragon(サイアムパラゴン)』のサイアムセンター側入口から入ろう。

入ったら、ひたすら左奥へと進んでいく。途中にあるカルティエなどの高級時計ショップエリアを抜けていくと、頭上に『サイアムケンピンスキーホテルバンコク』の案内が出てくるから、その通りに進んで行きましょう。

サイアムパラゴン店内

サイアムパラゴン案内

サイアムケンピンスキーホテルバンコク入口

どんどん奥に進むと、『サイアムケンピンスキーホテルバンコク』入口が見えてくる。

ビュッフェが開催されているレストランは1階にあるから、エレベーターを使って1階ロビーへ。

おおおおぉぉ、伝統ある5つ星ホテルだけあって、重厚感あるヨーロピアンスタイルのロビーですねぇ。

ロビー右奥にあるレストラン『BRASSERIE EUROPA』が目的の場所です。

サイアムケンピンスキーホテルバンコクのロビー

ブラッセリーヨーロッパのエントランス



店内:重厚感あるヨーロピアンスタイル

ブラッセリーヨーロッパ店内

ホテルのロビー同様に、レストラン内も伝統的なヨーロピアンスタイルで、格式の高さを感じます。そして、外を見ると、緑溢れる美しい中庭を眺める事が出来る。

「今日は贅沢しに来ました」って感じになります(^_^)

格好は、フォーマルな服装で行くようにしましょうね。

それと、スムーズに案内してもらうために、事前に予約をするべし。

シャンパン飲み放題:素敵な特典付き

ルイロデレールのロゼ

ルイロデレールのロゼ2 ルイロデレールのロゼ3

この『ロゼ・ブランチ』の最大の売りは、シャンパン『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』が飲み放題という事です。

『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』は、日本ではまだ知名度が低いですが、シャンパン世界選手権で世界チャンピオンに、また、フランスの有名ワイン雑誌でシャンパン部門1位に輝くなど、数多くのタイトルを持つ世界的名酒です。

『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』 Check!!

定価が一本7200円(税別)もするこのシャンパンが飲み放題だなんて、最高じゃないですか!!

旨味が強く、そして、とてもクリアで繊細な味のシャンパンです。

アロ〜イ、マックマ〜〜ック(超美味い〜〜〜)!!

私、このビュッフェで『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』を飲むのが人生初だったのですが、すぐにこの味の虜になってしまいました。

さらに、このビュッフェでは素敵な特典が付いていて、ピンク色の物を何か身に付けていけば、なんと、『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』のロゼも飲み放題になっちゃうのです!!

ロゼの薄いピンク色がとても美しいですね。

私はピンク色のワイシャツを来て行きましたが、靴やバッグ、アクセサリーなど、何でも良いとの事です。

ちなみに、ロゼは定価が一本10000円(税別)。

ドゥ〜ム、ユ、ユ(たくさん飲むぞ〜〜)!!

ガンガン飲んで、ビュッフェ代なんてアッという間に元をとっちゃいましたよ笑笑。

でも、飲み過ぎ注意ね。

一緒に行った友人は案の定飲み過ぎて、帰りの電車の中ではフラフラ。周りの人がザワザワしてました(苦笑)。

もちろん、シャンパン以外のお酒も飲み放題です(^^)

料理:ビュッフェとは思えないハイクオリティさ

ケンピンスキーホテルビュッフェのメニュー

ケンピンスキーホテルのビュッフェの料理1

ケンピンスキーホテルのビュッフェの料理2

ケンピンスキーホテルのビュッフェの料理3

ケンピンスキーホテルのビュッフェの料理4

ケンピンスキーホテルのビュッフェの料理5

ケンピンスキーホテルのビュッフェの料理6

シャンパンも素晴らしいが、ここのビュッフェは料理も素晴らしい。

ステーキやローストビーフなどの肉類、オイスターやロブスターなどの魚介類、チーズや生ハム、テリーヌなど、沢山の種類が揃っていて、どれも美味しい。

正直、これまで色々なホテルビュッフェの料理を食べたけど、美味しいと思った事がほとんどなかったから、今回もあまり期待していなかったんだけど、『サイアムケンピンスキーホテルバンコク』のビュッフェは、いやぁ〜、すごく美味しかったぁ〜。

出来立ての温かい料理を提供してくれるのが嬉しい。

メインディッシュとなる料理はオーダー制になっていて、出来立ての美味しい状態で食べる事が出来るし、パスタなどの料理も、スタッフが席を回ってその場で調理してくれる。

量はそれほど多くないから、メニューにある全てのメインディッシュを制覇する事もできますよ。

ケンピンスキーホテルのメインディッシュ

ケンピンスキーホテルのパスタ

ケンピンスキーホテルのパスタ2

デザート:ピンクの宝石箱や〜〜

ケンピンスキーホテルのデザート

ケンピンスキーホテルのデザート2

ケンピンスキーホテルのデザート3

そして、食後のデザートでも楽しませてくれる。

『ロゼ・ブランチ』という名前だけあって、シャンパンのロゼと同様に、デザートも美しいピンク色に染まっております。

ピンク色のチョコレートファウンテンもあって、子供も大喜びだと思いますよ。お店には、子供連れのファミリーも結構いました。

値段:少々お高いが満足感は十分

『ロゼ・ブランチ』の値段は以下の通り。

<料理+ソフトドリンク>
〜5歳   無料
6〜12歳 1200バーツ(約3600円、税別)
13歳〜  2400バーツ(約7200円、税別)

<アルコール飲み放題>
+999バーツ(約3000円、税別)

<アルコール飲み放題(シャンパン含む)>
+2100バーツ(約6300円、税別)

私のように、『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』も飲み放題にする場合は、4500バーツ(約13500円、税別)になる。

確かに、金額だけ見るとかなり高く感じるけど、ホテルやお店の雰囲気、料理とシャンパンのクオリティを考えれば、「また行きたい」と思える、十分な満足感を得られます。

まとめ

『サイアムケンピンスキーホテルバンコク』の『ロゼ・ブランチ』は、これまで行ったホテルビュッフェの中でも、非常に満足度の高いビュッフェでした。

ブランチの値段としては少々高いとは思いますが、「たまの日曜日にお洒落をしてリッチな食事」も良いのではないでしょうか。

そして、お酒を飲める人であれば、ぜひシャンパン『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』飲み放題も付けてみてください。最高に美味しいですよ!

『LOUIS ROEDERER(ルイ・ロデレール)』 Check!!

もちろん、ピンク色の物を身に付けて行こうね。

お店詳細

店名:BRASSERIE EUROPA(サイアムケンピンスキーホテルバンコク内)
サイト:https://www.kempinski.com/en/bangkok/siam-hotel/dining/brasserie-europa/
住所:Siam Kempinski Hotel Bangkok | 991/9 Rama I Road, PathumwanBangkok 10330, Thailand
電話番号:+66 2 162 0900(代表受付)
営業時間:
Breakfast 月〜日6:30〜10:30
Lunch 月〜土12:00〜15:00、日曜12:30〜16:00(ロゼ・ブランチ)
Dinner 月〜日18:30〜22:30
トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d2171217-Reviews-Brasserie_Europa-Bangkok.html

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク