バンコクの超有名ルーフトップバー|バンヤンツリーの『Vertigo & Moon Bar』

バンコクの超有名ルーフトップバー|バンヤンツリーの『Vertigo & Moon Bar』

シェアする

スポンサーリンク

バンヤンツリーの夜景

バンコクに数あるルーフトップバーの中でも、 ホテル「バンヤンツリーバンコク」の『Vertigo & Moon Bar』といえば、旅行雑誌や旅行サイトでルーフトップバー特集があれば必ず紹介される超有名ルーフトップバー。

実際に行ってみてもわかるけど、平日・休日関係なく、お店は常にお客さんでいっぱい。恐らくお客さんの大半は観光客だと思う。

『Vertigo & Moon Bar』は地上61階にあって、建物自体がかなり長細い形をしてるせいか、お店自体が空中に浮いた船の上にいるような感じでとても幻想的。

値段も雰囲気もルーフトップバーの中でもハイクラスなお店なので、バンコクに滞在中、「今日はリッチに素敵な夜を過ごそうか」と思った時には、オススメできるルーフトップバーです。



場所:ホテル「バンヤンツリーバンコク」の61階

バンヤンツリー外観

バンヤンツリー看板

バンヤンツリーエントランス

『Vertigo & Moon Bar』は、ホテル「バンヤンツリーバンコク」の61階にある。

ホテルの場所はサトーン通り沿いで、周辺は大使館や有名企業が入る商業ビルが集まっている。

恐らく『Vertigo & Moon Bar』に行く時は、皆さんオシャレをして行くと思うから、基本はタクシー利用かと思うけど、このサトーン通りは渋滞で有名な通りだから、時間を間違えると大渋滞に巻き込まれるので要注意です。

渋滞は17時位から19時位がピークなので、もし夕日が見られるこの時間帯に行こうと思うなら、早めに向かうか、最寄のMRTルンピニー駅から歩く事をオススメします。ルンピニー駅からは徒歩10分位だと思う。



店内:まるで空中に浮かぶ船の上にいるみたい

まず、ホテルロビーに着いたら、フロント右横からエレベーターホールに向かおう。数台のエレベーターがあるけど、一番左がエクスプレスになっていて、最上階まで早く行く事ができる。降りるのは、59階。

vertigomoonbarエレベーター

エレベーターを降りるとレセプションがあって、スタッフに「予約をしているか、食事か、バーか」を聞かれる。

ついでに、ドレスコードのチェックもあって、結構厳しめだから注意してね。ビーチサンダルやハーフパンツがダメなのは当然として、男性は襟付きのシャツを着るのが無難です。それと、ジーンズも止めておいた方が良いかも。

vertigomoonbarレセプション vertigomoonbar螺旋階段

レセプションを通り、螺旋階段を1階上がると、レストラン『Vertigo』がある。60階が室内スペースになっていて、ルーフトップに行くには、さらに階段で1階上がらないといけない。ゔ〜〜〜ん、焦らしますね。

vertigomoonbar60階

さあ、目的の61階に着きました。

「でた〜〜〜〜〜、来ました〜〜〜〜〜!!」

間違いなくテンション上がりますよ。

vertigomoonbar61階

vertigomoonbarからの景色

vertigomoonbarからの景色2

なんと言っても61階の高さですよ。しかも、建物が長細くて、ちょっと下を覗き込むと崖状態だから、高所恐怖症じゃなくてもビビるかも。

お店自体が空中に浮いた船の上にいるような感じでとても幻想的。眺めも素晴らしい!!

最後に、レストランを抜けて階段を上がると、『Moon Bar』に辿り着く。

vertigomoonbarロゴ

vertigomoonbarバーカウンター

vertigomoonbarバーカウンター席

vertigomoonbarドリンク

バーの席は、カウンターと小さめのテーブル席で、それほど席数が多くない。 バーだけの利用で来るお客さんが多く、眺めの良いテーブル席に座るには少し待たないと行けないかも。

ドリンクメニューは、オリジナルカクテルが多い。

値段はかなり高めです。カクテルはサービス料込みで一杯約600〜700B(約2000円)。日本の高級ホテルのバーラウンジと同じ位の値段と思えばわかりやすいかも。

vertigomoonbarドリンクメニュー1 vertigomoonbarドリンクメニュー2

それと、ルーフトップバーばかり注目されているけど、60階の室内スペースもオススメですよ。生演奏を聞きながら食事やお酒を楽しめます。

vertigomoonbar生演奏

まとめ

『Vertigo & Moon Bar』の良い所は、ルーフトップバーによくある立ち飲みスペースがなく、ごちゃごちゃした感じが無いところ。インテリア・接客を含め、全体的に落ち着いた高級感溢れる雰囲気です。

値段は高いけど、せっかく海外に来てるんだし、なかなか日本にはない雰囲気を味わえると思えば、「今日は特別」と思って、楽しんじゃいましょう。

この間行った時、こんな素敵な場所にも関わらず、私の近くにいたどこぞの日本人グループが、大声で熱く仕事論を語り若干揉めてましたが、なんて愚かなんだと思います。雰囲気にあった楽しみ方が大事ですよね。

コーハイ サ ヌック(楽しんでね〜〜)

コップンカップ(ありがとうございました)

お店詳細

店名:Vertigo & Moon Bar(ヴァーティゴ・ムーンバー)
サイト:http://www.banyantree.com/en/ap-thailand-bangkok/vertigo-and-moon-bar
住所:21/100 South Sathon Road Sathon | Banyan Tree Bangkok, Bangkok 10120, Thailand
電話番号:+66 2 679 1200
営業時間:月〜日 Vertigo(dinner)18:00〜22:30 Moon Bar(Bar)17:00〜翌1:00 ※Barの予約不可
トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d789780-Reviews-Vertigo_Grill_and_Moon_Bar-Bangkok.html

その他オススメのルーフトップバー紹介

①チャオプラヤ川沿いの超穴場な絶景ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』

バンコク屈指の人気ホテル『アナンタラ・バンコク・リバーサイド』の姉妹ホテルとして、2016年に開業したスタイリッシュなホテル『アヴァニ・リバーサイド・バンコク』の最上階ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』。

②アソーク駅とプロンポン駅の間にあるクラフトビールがオススメのルーフトップバー『BREWSKI』

タイ・バンコクのBTSアソーク駅から徒歩7分、BTSポロンポン駅から徒歩9分のスクンビット通り沿いにある、地上30階ルーフトップバー『BREWSKI』。カジュアルな雰囲気で、気軽に、そして手軽にクラフトビールを楽めるルーフトップバー。

③BTSアソーク駅から徒歩6分、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる駅近ルーフトップバー『Long Table』

このルーフトップバー『Long Table』の良い所は、最寄駅から徒歩6分位で利便性が良い事と、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる事だと思います。その店名の通り、店内には20mを超える大きなテーブルがあり、その周りに白と赤を基調とした、おしゃれなソファ席がある。屋外にはプールと、それを囲むようにお酒を楽しめる。

④世界的に有名な、バンコクを代表するルーフトップバー『Sirocco Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』

世界的に有名で、観光名所にもなっている、バンコクのルーフトップバーの中でも、最も有名で、代表格と言えるのが今回ご紹介する『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』です。地上63階、世界一高い場所にある屋外レストラン『Sirocco(シロッコ)』の一角にある『Sky Bar(スカイバー)』から眺める夜景は、素晴らしいの一言、まさに絶景です。

⑤サイアムエリアにある、バンコクの定番ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』

サイアムエリアのショッピングモール『セントラルワールド』に直結するホテル「センタラグランド・アット・セントラルワールド」最上階にあるのが、ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』。今や、バンコク・ルーフトップバーの定番になっている『Red Sky(レッドスカイ)』の特徴は、地上55階から眺める美しい夜景と豊富な席数、そして立地の良さだろう。

⑥リーズナブル・駅近・絶景 、3拍子揃ったオススメのルーフトップバー『Octave(オクターブ)』

高級ホテル「Marriott Bangkok Hotel Sukhumvit」の最上階49階にあるルーフトップバー『Octave』は、値段がリーズナブルで、BTSトンロー駅から徒歩2分という好立地にあるルーフトップバー。また、料理は、種類が充実していて味も美味しい。値段・立地・味・景色など、全てにおいて高く評価できる、オススメのルーフトップバーです。

⑦コストパフォーマンス最高!!料理の味はルーフトップバーの中でトップレベル『Zoom(ズーム)』

『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』はバンコク・サトーンエリアにあり、BTSチョンノンシー駅から徒歩12分の場所にある。ホテル「Anantara Sathorn(アナンタラサトーン)」最上階にあるこのお店は、コストパフォーマンスが最高。360度パノラマビューの美しい夜景を見ながら、食事とお酒を手軽に楽しめるルーフトップバーです。

⑧雰囲気抜群なのに混雑しない、バンコクの穴場ルーフトップバー『Three Sixty(スリーシックスティ)』

バンコクの高級ホテル「ミレニアムヒルトンバンコク」の31階最上階にあるルーフトップバー『Three Sixty』は、その名の通り、景色を360度見渡せる円型ラウンジが特徴のルーフトップバーで、室内の円型ラウンジと屋外テラスに分かれたスタイルになっている。他のルーフトップバーと比べるとまだまだ知名度が低く、それほど混雑しないから、かなりの穴場スポットです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク