コストパフォーマンス最高|バンコク・ルーフトップバー『Zoom(ズーム)』

コストパフォーマンス最高|バンコク・ルーフトップバー『Zoom(ズーム)』

シェアする

スポンサーリンク

zoomskybarロゴ

zoomskybarテーブル席

バンコクで外資系企業が多く集まるビジネス街、サトーンエリア。

そのサトーンエリアで今話題になっているのが、ホテル「Anantara Sathorn(アナンタラサトーン)」のルーフトップバー『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』。

静かな落ち着いた雰囲気で美味しい食事が楽しめて、さらにコストパフォーマンスが優れているという事で、流行とお洒落に敏感なタイ人の中で、このルーフトップバー『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』は話題となっている。

今やバンコクの観光名所にもなっているルーフトップバーだけど、お客さんがあまりに多いために店内はあまり落ち着かないし、食事やドリンクの値段も観光客価格になっているのは事実。

だから、バンコク中心街であるサトーンエリアで、『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』のようなお店は希少なのでしょう。そりゃ話題にもなるよね。

という事で、今回は、ルーフトップバー『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』をご紹介します。



場所:BTSチョンノンシー駅から徒歩12分

ルーフトップバー『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』はバンコク・サトーンエリア、BTSチョンノンシー駅から徒歩12分の場所にある。

サトーンエリアは、外資系企業が多く集まるビジネス街で、日本人駐在員が多く働いているエリアでもある。

『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』への行き方は、BTSチョンノンシー駅から、高速交通システムBRTを利用するかタクシーを利用するのが良いでしょう。

サトーンエリアは、とにかく交通渋滞がひどいんです。特に17時〜19時位は最悪。サイアムエリアやアソークエリアからタクシーで向かうとなれば、1時間〜2時間コースになりますよ。

だから、最寄のチョンノンシー駅までは必ずBTSを使うようにしましょう。

ホテル「Anantara Sathorn(アナンタラサトーン)」に着いたら、ロビー左にあるエレベーターホールに向かい、エレベーターで38階に上がる。

アナンタラサトーンのエレベーター

38階に着くとスタッフがいるので、Zoom Barに行きたいと伝えよう。

38階のお洒落なラウンジを抜けて、階段で39階に上がっていく。

zoombarまでの行き方

zoombarまでの行き方2

39階に上がると、今度は屋外に出て、更に階段で40階へ。

進むにつれてどんどんムードも出てくる、ドキドキ。

zoombarまでの行き方3

zoombarまでの行き方4



店内:広い店内で窮屈感ゼロ、360度パノラマビュー

zoomskybar

zoombar店内

zoomskybarテーブル席

zoombar店内

zoombar店内

到着〜〜〜。

う〜〜〜ん、たしかに広い店内で、落ち着いた雰囲気。人が多くても席の間隔が広いから、窮屈感ゼロ。

360度パノラマビューも綺麗だね〜〜(^^)

テーブル席、カウンター席、ソファ席とバリエーション豊富で、どこに座ろうか悩んでしまうけど、個人的には居心地の良いソファ席をオススメします。予約時に席の指定をすると良いでしょう。

料理:フレンチをベースにした美味しい料理

私がこの『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』で一番良かったと思う点が、料理の美味しさとコスパの良さ。

料理のベースはフレンチなんだけど、非常に軽い仕上がりになっていて食べやすいし、タイ料理風にもアレンジされていて、面白い。

お通しで出されたオイスターのムース、低温で調理されたサーモンのサラダ、テンダーロインステーキ、お口直しで出された日替わりシャーベット(今回はストロベリーシャーベット)など、どれをとってもすごく美味しかった。

シェフがわざわざ席まで来て料理の説明を丁寧にしてくれる所も、サービスが行き届いていてGOODですね。

zoombar料理

zoombar料理2

zoombar料理3

zoombar料理4

zoombar料理5

zoombar料理6

価格:コストパフォーマンスは最高レベル

何よりも驚くのは、コストパフォーマンスの良さ。最高レベルだと思います。

ホテルのルーフトップバーとなると、一品700〜800バーツ位(2000円台前半)が中心の価格設定なんだけど、ここ『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』は、400〜500バーツ(1000円台前半)位が中心となっていて、200バーツ台(600円位)の料理もあったりする。

ドリンクも、カクテルとなると一杯600バーツ位(1800円位)が一般的なのに、ここは300バーツ台(1000円位)で飲む事が出来る。

バンコクのルーフトップバーに行った事がある人なら分かると思うけど、これはなかなか有り得ない価格帯です。

zoombarメニュー

まとめ

これまでバンコクのいろいろなルーフトップバーに行ってきたけど、『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』のコストパフォーマンスの良さは素晴らしいと思います。

タイ人に人気の理由が良くわかりました。多くのルーフトップバーが観光客価格なのは、現地の人間からすると納得行かないですもんね。

現地の人間が納得出来るという事は、それだけ内容と価格が適正である証拠、間違いないお店です。

360度パノラマビューの美しい夜景を見ながら、食事とお酒を手軽に楽しめるルーフトップバー『Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)』、オススメします。

※ドレスコードあり(ショートパンツ、ビーチサンダル禁止)

お店詳細

店名:Zoom Sky Bar & Restaurant(ズーム スカイバー&レストラン)
サイト:https://bangkok-sathorn.anantara.com/zoom-sky-bar-restaurant/
住所:36 Naradhiwat Rajanagarindra Road, Bangkok 10120, Thailand
電話番号:+66 2 210 9000
営業時間:月〜日17:30〜翌1:00(不定休)
トリップアドバイザー:https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g293916-d6090375-Reviews-Zoom_Sky_Bar_and_Restaurant-Bangkok.html

その他オススメのルーフトップバー紹介

①チャオプラヤ川沿いの超穴場な絶景ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』

バンコク屈指の人気ホテル『アナンタラ・バンコク・リバーサイド』の姉妹ホテルとして、2016年に開業したスタイリッシュなホテル『アヴァニ・リバーサイド・バンコク』の最上階ルーフトップバー『ATTITUDE(アティチュード)』。

②アソーク駅とプロンポン駅の間にあるクラフトビールがオススメのルーフトップバー『BREWSKI』

タイ・バンコクのBTSアソーク駅から徒歩7分、BTSポロンポン駅から徒歩9分のスクンビット通り沿いにある、地上30階ルーフトップバー『BREWSKI』。カジュアルな雰囲気で、気軽に、そして手軽にクラフトビールを楽めるルーフトップバー。

③シロッコ・スカイバーと並び、バンコクを代表するルーフトップバー、ホテル・バンヤンツリーバンコクの『Vertigo & Moon Bar』

『Vertigo & Moon Bar』は地上61階にあり、建物自体がかなり長細い形をしてるせいか、お店自体が空中に浮いた船の上にいるような感じでとても幻想的。値段も雰囲気もルーフトップバーの中でもハイクラスなお店なので、バンコクに滞在中、「今日はリッチに素敵な夜を過ごそうか」と思った時には、オススメできるルーフトップバーです。

④BTSアソーク駅から徒歩6分、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる駅近ルーフトップバー『Long Table』

このルーフトップバー『Long Table』の良い所は、最寄駅から徒歩6分位で利便性が良い事と、美味しいタイ料理とお酒と夜景を同時に楽しめる事だと思います。その店名の通り、店内には20mを超える大きなテーブルがあり、その周りに白と赤を基調とした、おしゃれなソファ席がある。屋外にはプールと、それを囲むようにお酒を楽しめる。

⑤世界的に有名な、バンコクを代表するルーフトップバー『Sirocco Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』

世界的に有名で、観光名所にもなっている、バンコクのルーフトップバーの中でも、最も有名で、代表格と言えるのが今回ご紹介する『Sirocco・Sky Bar(シロッコ・スカイバー)』です。地上63階、世界一高い場所にある屋外レストラン『Sirocco(シロッコ)』の一角にある『Sky Bar(スカイバー)』から眺める夜景は、素晴らしいの一言、まさに絶景です。

⑥サイアムエリアにある、バンコクの定番ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』

サイアムエリアのショッピングモール『セントラルワールド』に直結するホテル「センタラグランド・アット・セントラルワールド」最上階にあるのが、ルーフトップバー『Red Sky(レッドスカイ)』。今や、バンコク・ルーフトップバーの定番になっている『Red Sky(レッドスカイ)』の特徴は、地上55階から眺める美しい夜景と豊富な席数、そして立地の良さだろう。

⑦リーズナブル・駅近・絶景 、3拍子揃ったオススメのルーフトップバー『Octave(オクターブ)』

高級ホテル「Marriott Bangkok Hotel Sukhumvit」の最上階49階にあるルーフトップバー『Octave』は、値段がリーズナブルで、BTSトンロー駅から徒歩2分という好立地にあるルーフトップバー。また、料理は、種類が充実していて味も美味しい。値段・立地・味・景色など、全てにおいて高く評価できる、オススメのルーフトップバーです。

⑧雰囲気抜群なのに混雑しない、バンコクの穴場ルーフトップバー『Three Sixty(スリーシックスティ)』

バンコクの高級ホテル「ミレニアムヒルトンバンコク」の31階最上階にあるルーフトップバー『Three Sixty』は、その名の通り、景色を360度見渡せる円型ラウンジが特徴のルーフトップバーで、室内の円型ラウンジと屋外テラスに分かれたスタイルになっている。他のルーフトップバーと比べるとまだまだ知名度が低く、それほど混雑しないから、かなりの穴場スポットです。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク